Now we’re at K-Library + exhibition Re:open body

banner

Back and Forth Collectiveは、黄金町エリアマネジメントセンター K-Libraryとコラボレーションし、ジェンダーに関するライブラリーをオープンしました。オープン企画として、小展示を開催します。

●Koganecho-Library (K-Library)

東アジア、東南アジアに関する書籍、アートによるまちづくり、アーティスト・イン・レジデンス関連資料を軸に、年間テーマを設け、研究者やアーティストと協働しながら書籍の拡充、リサーチ成果発表、展示企画を行います。

開室日|毎週金・土・日の13:00〜17:00
住 所|横浜市中区黄金町1-6先(高架下スタジオSite-Aギャラリー内)
*資料閲覧のみ可。貸し出し・コピー等のサービスは行っておりません。

●グループ展「Re:open body」(3月30日〜5月12日)

3月30日(土)からのライブラリー開室とともに本間メイ、坂本夏海、滝朝子によるグループ展「Re:open body」(5月12日(日)まで)も併設ギャラリースペースに開催いたします。本展タイトルに冠する「Re:」は、もともとラテン語で「〜に関して」(regarding〜)という意味を持っていましたが、現在はメールの返信(Reply)を表す記号として機能しています。また、記号表記のみなので特定の発音を付与されておらず、「り」「りー」「れ」「れー」といずれの読み方も可能です。
この記号になぞらえ、3作家それぞれが「オープンな身体」という問いへの返信(Re:)をし、身体を改めて開くこと(Re-open body)、そして固定されていない音を持つ身体の解放(Re:open body)について考察します。

グループ展「Re:open body」
会 期|2019年4月5日(金)〜5月12日(日)13:00〜17:00 *金・土・日のみ
場 所|Koganecho-Library (K-Library) 併設ギャラリースペース
(横浜市中区黄金町1-6先 高架下スタジオSite-Aギャラリー内)
*本間の作品は4月中旬より展示。

●トーク&ディスカッション

ジェンダーに関するトピックが自分たちの生活にいかに関わっているのか、メンバーそれぞれの見解やアートプロジェクトを通して知り合う他者と話し合いをしながら模索しています。今回はゲストにArtmingleの熊谷薫さんをお呼びし、ジェンダーの視点から感じる不満や理想について、最近気になるトピックや自分たちの今後の活動とあわせてディスカッションをします。

日 時|2019年4月6日(土)14時〜16時
場 所|高架下スタジオSite-Aギャラリー内
参加費|無料 ※定員なし、事前申し込み不要
スピーカー|本間メイ・滝朝子(Back and Forth Collective)、内海潤也(NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター キュレーター)
ゲスト|熊谷薫(Artmingle)
主 催|特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター

Back and Forth Collective is very happy to announce the opening of our long-term gender library until December in Koganecho, Yokohama. It’s part of Koganecho library and we broadly select books about gender especially related to body.Small group exhibition opens showing works of Natsumi Sakamoto, Mei Homma and Asako Taki.Exhibition: Re:open body30 Mar 2019 Sat – 12 May 2019 SunTime: 11.00-17.00 only 30 and 31 Mar, after that 13.00-17.00 only Fri, Sat and Sun.Venue: KOGANECHO ART CENTER Site-A Beneath the Railways 1-4 Koganecho,Nakaku, Yokohama,Kanagawa, 231-0054,JAPAN

www.koganecho.net/…/event-exhibi…/event-exhibition-2599.html
Advertisements

Recent Posts

CSLAB×MELLOW-ジェンダーに関する観察と実践-

Mellowをオープンした津賀 恵さんが講師の講座の3回目6月6日にゲスト参加いたします。 全5回 17:20~20:00 1回目 5/23、2回目 5/30、3回目 6/6、4回目 6/20、5回目 7/4 CSLAB×MELLOWージェンダーに関する観察と実践ー 第三回では、アーティストの滝朝子さん、坂本夏海さんと本間メイさん(スカイプ参加)をお招きし、お三方の活動紹介とディスカッションを行います。 滝朝子さんは多文化共生の支援や交流を実践しながらの参加型プロジェクトの企画、NPO ARDA事務局長としてアートコミュニケーションの機会の創造など、多岐に渡る活動をされています。 坂本夏海さんは2019年からスコットランドを拠点とし、現地の魔女狩りと迷信についてリサーチをもとにドローイング、映像作品、インスタレーションに取り組んでいます。そして本間メイさんはインドネシアと日本を拠点に、両国の歴史的関係のリサーチをベースとした映像作品、インスタレーションを制作しています。 滝さん、坂本さん、本間さんをメンバーに含むBack and Forth Collectiveは、リサーチを基にした制作活動を行うアーティストが中心になって活動するコレクティブです。 2019年3月には黄金町エリアマネジメントセンター K-Libraryとのコラボレーション、ジェンダーに関するライブラリーをオープンし、グループ展「Re:open body」(高架下スタジオSite-Aギャラリー, 2019)やトークイベントの企画を行いました。また、昨年にBack and Forth Collectiveが企画開催した展覧会「Quiet Dialogue:インビジブルな存在 と 私たち」(東京都美術館, 2018)では、「社会的役割としての性別とは何か」の根底を共有すべく、異なる女性の在り方を考察した作品に焦点を当てました。 それぞれにジェンダーの視点を取り入れながら制作活動をしているゲストの皆様には、自身の活動紹介、気になることに踏み出し、そこからどのようにアウトプットに繋げていったかを重点的にお話していただきます。 また、各自異なる興味やバックグラウンドを持ちながらも、緩やかに他者と繋がりながら活動をする三名の話を聞くことで、講座参加者には様々な動き方の可能性を知ってもらいたいと思います。 お問い合わせ:zokei.cslab@gmail.com

アーティストミーティング&報告会#2 2018.1.28:坂本夏海、滝朝子

  今回は坂本・滝が話し、ゲストに社会・福祉の分野をジェンダーの視点で研究されている堅田香緒里さんをお招きしました。 坂本は今回の展覧会で魔女についてリサーチをしています。堅田さんは「魔女」という生き方をある理想形として捉えています。過去作品「Unforgettable Landscape」を見た後、様々な視点から議論がなされました。 ある女性がどのような役割を持ち、どうして「魔女」になったのか? 近世ヨーロッパで社会パニック的に起こった「魔女狩り」の起こった社会変化や、資本主義に向かっていった近世の意識とは?、ジェンダーやフェミニズムについて話す時の話づらさなどを話し合いました。 後半は滝・小口が担当するライブラリーについてメンバー同士で話し合いました。 以下レポート

アーティストミーティング&報告会#1 2017.12.1:カタリナ・グルツェイ×セナ・バショズ

2017年12月1日に行われた上映会のレポートです。 今回は2018年6月から開催されるQuiet Dialogue展の出品予定作家であるカタリナ・グルツェイ(オーストリア)とセナ・バショズ(トルコ)の過去作品の上映会を行いました。 鑑賞後はスカイプでミーティングを行い、作品についての背景や各国のジェンダーにまつわる問題などを話し合いました。 詳しくはこちらのファイルをご覧下さい。>>>2017.12.1レポート

ポップアップライブラリー -Invisible Mothers-

「ポップアップライブラリー -Invisible Mothers-」※Please scroll down for English version 神田にできた小さなスペースで、アーティスト・研究者がリサーチで使ったまたは興味のある本、小作品や写真を共有する空間を作りました。本を読んだり、参加者と話したりしに来てください。 「Mother(母)」とは、血のつながり以外の関係も意味します。それは”母国語”のように言葉であったり、”母なる”大地であったり、または尊敬する女性への敬愛を込めたよび名でもあります。私たちは今までどのような「母」たちと出会ってきたのでしょうか。「母」たちは、家庭のなかだけでなく、教育、文化、経済や政治など様々なところにいます。しかし、なかなか焦点が当てられない、見えないもの (Invisible)になっている女性はいないでしょうか。そのことを考え、現代を生きる私たちの身近にいる「母」たちについて知るきっかけを探ります。

More Posts